閉じる
  • 自分でトレードひまわりFX
  • 自動でトレードエコトレFX
  • FXを学ぶアカデミーチョイス
  • マーケット
    情報を知る
  • お客様サポート
お困りのことがございましたら
お気軽にお問い合わせください
0120-86-9686
受付時間 AM9時〜PM5時(土日・年末年始を除く)
閉じる
MENU

自分でトレード ひまわりFX

自動でトレード エコトレFX

FXを学ぶ アカデミーチョイス

マーケット情報

お客様サポート

閉じる

ローカルナビゲーション
  • ひまわりFX TOP
  • FXの基礎知識
  • 商品概要・サービス
  • 取引システム
  • 入出金
  • 登録内容の変更
  • ひまわりFX PRO虎の巻

安心と信頼のポイント

メニュー

こんな経験はありませんか?

ひまわりFXでは、このFX業界で巻き起こっている「見えないリスク(約定拒否、割高なコスト)」と断固戦います。

≪ポイント1≫約定が拒否される

ある掲示板のクチコミで、「成行注文なのに約定しないFX業者がある」というのを見ましたが、これってどういうことですか?

注文を出す際、出した注文が確定することをFX取引では「約定(やくじょう)」などという表現をしますが、上記の口コミのように、成行(なりゆき)注文であっても、約定が拒否(流動性の低下により約定できない場合を含む)されてしまうケースがあります。

しかし、ひまわりFX口座では、連続して表示されるレートをワンクリックするだけで注文ができる「成行注文」において、約定率100%を維持しています。

ひまわりFXレギュラー口座では、お客様の注文とそれを受ける当社の間に複雑なシステム構築をせず、シンプルになっており、約定拒否をする仕組みはありません。
常にお客様が取引をしたい時に注文が成立いたします。

どんなに狭いスプレッド(売値と買値の差額)でレートが提示されていても、実際に取引をしたいと思って発注したとき、注文が約定しなければ何の意味もありません。
アクティブに取引をされるお客様であればなおさら重要なポイントです。

※約定率100%はレギュラー口座・デイトレ口座の成行注文が対象です。(2011年6月1日~7月25日 ※ひまわり証券調べ)

≪ポイント2≫強制決済による手数料の支払い

相場の予想が外れて強制決済になってしまった際に、1ドルあたり5銭の手数料がかかりました。強制決済のうえに手数料を支払うのは二重苦。5万ドルの取引だったので、2,500円もかかってしまいました…。

FX取引は、24時間価格が変動するので、万が一の相場変動でも預けた証拠金以上の損失が発生することを防ぐため、多くのFX業者では、ある一定の損失額を超えると自動的に保有中のポジションを決済するルールを設けています。
しかしながら、この自動決済ルール発動時に、手数料を徴収しているFX業者もあるようです。(=自動決済ルール)

ひまわりFXにおいても、「(※1)マージンカット」という自動決済ルールがありますが、マージンカットとなった場合であっても、オンライン注文における手数料はいただきません。
快適なFX取引を行っていただくため、お客様に余計な負担をかけさせません。いつでも(※2)取引手数料は0円です。

ポジションとは、
→状態、持ち高を表す言葉。例えばドル/円を買っている状態であれば「買いポジション」

(※1)マージンカットの詳細はこちら
(※2)電話注文の場合、最大10ポイントの手数料ポイントが発生します

≪まとめ≫見えないリスクをしっかり確認しよう

昨今、FX業界では、お客様によりよい環境下でお取引いただくため、スプレッドの縮小や高レバレッジの取引ができるFX業者が多くでてきました。
一方で、約定拒否など業者によってルールが異なっており、実際に取引を始めてからでないとわからないリスクもあります。これらの機会損失やリスクとなる部分をよく確認せずにFX業者を選んでいる方もいらっしゃるようです。
FX取引を始められる際や取引会社を変更される際は、上記のような見えないリスクについてもFX業者にしっかり確認して、お取引をスタートいただければ幸いです。