閉じる
  • 自分でトレードひまわりFX
  • 自動でトレードエコトレFX
  • FXを学ぶアカデミーチョイス
  • マーケット
    情報を知る
  • お客様サポート
お困りのことがございましたら
お気軽にお問い合わせください
0120-86-9686
受付時間 AM9時〜PM5時(土日・年末年始を除く)
閉じる
MENU

自分でトレード ひまわりFX

自動でトレード エコトレFX

FXを学ぶ アカデミーチョイス

マーケット情報

お客様サポート

閉じる

ローカルナビゲーション
  • ひまわりFX TOP
  • FXの基礎知識
  • 商品概要・サービス
  • 取引システム
  • 入出金
  • 登録内容の変更
  • ひまわりFX PRO虎の巻

ボリンジャーバンド - ひまわりFX PRO虎の巻

テクニカル指標一覧に戻る

ボリンジャーバンド

概要

1980年代前半にジョン・ボリンジャーが考案したテクニカル指標。

統計学を応用したチャートで、中心線となる移動平均線から外側に向かって、標準偏差の線を引き、方向性や現在値との位置関係で投資判断をするテクニカル指標。

ボリンジャーバンド

見方のポイント

基本的には±2σラインの間を動く。(初期設定は±2σ※変更可)
上昇トレンドのときは移動平均線と+2σラインの間を動く
下降トレンドのときは移動平均線と-2σラインの間を動く

  • -1σ~1σの間に値が存在する確立は 68.3 %
  • -2σ~2σの間に値が存在する確立は 95.5 %
  • -3σ~3σの間に値が存在する確立は 99.7 %

売買シグナル

買いシグナル

  • チャートが下方バンド(-2σライン)についたとき
  • チャートが下方バンド(-2σライン)を下抜けた後、再び上回ったとき
  • チャートが上方バンド(+2σライン)を上抜けたとき

売りシグナル

  • チャートが上方バンド(+2σライン)についたとき
  • チャートが上方バンド(+2σライン)を上抜けた後、再び下回ったとき
  • チャートが下方バンド(-2σライン)を下抜けたとき

計算式

計算式

ユーティリティーメニュー