閉じる
  • 自分でトレードひまわりFX
  • 自動でトレードエコトレFX
  • FXを学ぶアカデミーチョイス
  • マーケット
    情報を知る
  • お客様サポート
お困りのことがございましたら
お気軽にお問い合わせください
0120-86-9686
受付時間 AM9時〜PM5時(土日・年末年始を除く)
閉じる
MENU

自分でトレード ひまわりFX

自動でトレード エコトレFX

FXを学ぶ アカデミーチョイス

マーケット情報

お客様サポート

閉じる

ローカルナビゲーション
  • ひまわりFX TOP
  • FXの基礎知識
  • 商品概要・サービス
  • 取引システム
  • 入出金
  • 登録内容の変更
  • ひまわりFX PRO虎の巻

注文機能の活用技 - ひまわりFX PRO 虎の巻

【活用技3】注文機能の活用技

ひまわりFXPROでは、10種類の注文方法をご用意しています。
オーソドックスな、OCO注文やIFD注文はもちろん、実用性の高いトレール注文もご利用できます。
また珍しい注文方法として途転注文があります。

注文の種類(新規・決済共通)
1. クイックトレード2. 指値注文3. 逆指値注文(ストップ)4. OCO注文

注文の種類(新規注文のみ)
1. クイック+OCO注文2. IFD注文3. IFDO注文

注文の種類(決済注文のみ)
1. 逆指値注文(トレール)2. 途転注文3. 一括決済注文

新規・決済注文画面の出し方

クイックトレード

クイック注文(成行注文)を行う場合、新規注文画面の上部【クイック】の項目を選択後、売買区分・注文ロット数・許容スリップを選定し、【注文確認】ボタンをクリックします。内容に問題がなければ、同位置に表示される【注文】ボタンをクリックし、完了となります。
※【この注文の確認画面を省略する】にチェックを入れると、内容確認画面を省略することができます。

指値注文

指値注文は、お客様にとって有利な価格で予約注文を発注することです。指値注文を行う場合、新規注文画面の上部【指値】の項目を選択後、売買区分・指定レート・注文ロット数・有効期限を選定し、【注文確認】ボタンをクリックします。
内容に問題がなければ、同位置に表示される【注文】ボタンをクリックし、完了となります。決済注文の場合も、同様の手順となります。
※【この注文の確認画面を省略する】にチェッ クを入れると、内容確認画面を省略することができます。

逆指値注文(ストップ)

逆指値注文(ストップ)は、お客様にとって不利な価格で予約注文を発注することです。損切り注文とも呼ばれます。
逆指値注文を行う場合、新規注文画面の上部【逆指値】の項目を選択後、売買区分・指定レート・注文ロット数・有効期限を選定し、【注文確認】ボタンをクリックします。
内容に問題がなければ、同位置に表示される【注文】ボタンをクリックし、完了となります。決済注文の場合も、同様の手順となります。
※【この注文の確認画面を省略する】にチェックを入れると、内容確認画面を省略することができます。

OCO注文

OCO注文とは、指値注文と逆指値注文の2つを同時に発注する注文方法となります。
一方の注文が約定した時に、もう一方の注文は自動的に取消されます。
OCO注文を行う場合、新規注文画面の上部【OCO】の項目を選択後、【売・買(指値、逆指値)】それぞれの指定レート・注文ロット数・有効期限を選定し、【注文確認】ボタンをクリックします。
内容に問題がなければ、同位置に表示される【注文】ボタンをクリックし、完了となります。決済注文の場合も、同様の手順となります。
※【この注文の確認画面を省略する】にチェッ クを入れると、内容確認画面を省略することができます。

クイック+OCO注文

クイック+OCO注文とは、クイックトレードと同時にOCOを発注できる注文方法となります。
これにより、新規成行注文時に、利食いと損切りが設定できるようになりました。
新規注文画面の【決済OCO条件を指定する】にチェックを入力後、【利食い・損切り】それぞれの指定レート・注文ロット数・許容スリップ・有効期限を選定し、【注文確認】ボタンをクリックします。
内容に問題がなければ、同位置に表示される【注文】ボタンをクリックし、完了となります。決済注文の場合も、同様の手順となります。
※【この注文の確認画面を省略する】にチェックを入れると、内容確認画面を省略することができます。

IFD注文

IFD注文とは、一度に二つの指値(逆指値)注文を出し、新規注文が約定したら決済注文が自動的に発動される注文方法です。
IFD注文を行う場合、新規注文画面の上部【IFD】の項目を選択後、新規の売買区分、執行条件、それぞれの指定レート・注文ロット数・有効期限を選定し、【注文確認】ボタンをクリックします。
内容に問題がなければ、同位置に表示される【注文】ボタンをクリックし、完了となります。決済注文の場合も、同様の手順となります。
※【この注文の確認画面を省略する】にチェックを入れると、内容確認画面を省略することができます。

IFDO注文

IFDO注文は、IFD注文と類似した注文方法となりますが、決済注文で指値・逆指値を同時に発注(OCO注文)できる点が異なります。
IFDO注文を行う場合、新規注文画面の上部【IFDO】の項目を選択後、新規の売買区分、執行条件、それぞれの指定レート・注文ロット数・有効期限を選定し、【注文確認】ボタンをクリックします。
内容に問題がなければ、同位置に表示される【注文】ボタンをクリックし、完了となります。決済注文の場合も、同様の手順となります。
※【この注文の確認画面を省略する】にチェックを入れると、内容確認画面を省略することができます。

逆指値注文(トレール)

逆指値注文(トレール)とは、逆指値注文を値幅で指定する注文方法です。
有利な価格に変動した場合、執行価格が更新された価格に応じて追随する為、収益の確保を狙うこともできます。逆指値注文(トレール)を行う場合、決済注文画面の上部【逆指値】の項目を選択後、執行条件を逆指値(トレール)に変更し、トレール幅・注文ロット数・有効期限を選定し、【注文確認】ボタンをクリックします。
内容に問題がなければ、同位置に表示される【注文】ボタンをクリックし、完了となります。
※【この注文の確認画面を省略する】にチェックを入れると、内容確認画面を省略することができます。

途転注文

途転注文とは、同一通貨ペアにおいて、買いポジションを売りポジション(逆も同じ)に転換する注文方法となります。
トレンドが変わったと思った瞬間に、すぐにポジションを反転できるメリットがあります。
途転注文を行う場合、決済注文画面の上部【途転】の項目を選択後、許容スリップを選定し、【注文確認】ボタンをクリックします。
内容に問題がなければ、同位置に表示される【注文】ボタンをクリックし、完了となります。
※【この注文の確認画面を省略する】にチェックを入れると、内容確認画面を省略することができます。

一括決済注文

一括決済注文とは、同一通貨ペア、また同一売買区分の注文を一括で決済できる注文方法となります。
一括決済注文を行う場合、ポジション照会を【サマリー】表示に切り替え、決済注文画面の上部【クイック】の項目を選択後、許容スリップを選定し、【注文確認】ボタンをクリックします。
内容に問題がなければ、同位置に表示される【注文】ボタンをクリックし、完了となります。他にも、指値・逆指値・OCO・途転注文で一括決済が可能です。
※【この注文の確認画面を省略する】にチェックを入れると、内容確認画面を省略することができます。

ユーティリティーメニュー