エコトレFX(自動売買)の比較についてご紹介しております。システムトレードをするなら「安心」「かんたん」「選ぶだけ」のFX自動売買システムはひまわり証券の《エコトレFX》。

閉じる
  • 自分でトレードひまわりFX
  • 自動でトレードエコトレFX
  • FXを学ぶアカデミーチョイス
  • マーケット
    情報を知る
  • お客様サポート
お困りのことがございましたら
お気軽にお問い合わせください
0120-86-9686
受付時間 AM9時〜PM5時(土日・年末年始を除く)
閉じる
MENU

自分でトレード ひまわりFX

自動でトレード エコトレFX

FXを学ぶ アカデミーチョイス

マーケット情報

お客様サポート

閉じる

ローカルナビゲーション
  • エコトレ FX TOP
  • システムトレードの基礎知識
  • システムトレード[エコトレFX]詳細
  • ポートフォリオジェネレーター
  • ループ・イフダン®

エコトレFX(自動売買)の比較

なぜシステムを比較するのか

FXのマーケットには様々な取引参加者がいます。
もちろん全ての参加者が同じ取引方法を行うわけではありません。
FX会社も様々なFX会社があります。
分かりやすいシステムか、安全な会社なのかと言うところから比較をされているかもしれません。
エコトレFXはマーケットの向かう先を考えながら、リスクを抑えたり、さらなる利益の獲得を目指していきます。
目指し方は様々なのでシステムの比較をしながら、自分の考えと一致するシステムを選ぶことが良い取引に繋がります。

利用者人気比較!!

ループ・イフダンB30_30(USD/JPY) vs EMAロスミス(USD/JPY) vs ひかえめビーナス(EUR/JPY)
人気一位! 人気二位! 人気三位!

※2016/1/15 現在

【ループ・イフダンB30_30】

30pipsごとにイフダンの買い注文を実行する売買システムです。
利食いは30pipsに設定しています。特にレンジ相場を得意とし、コツコツと利益を積み上げていく売買システムです。
最大ポジション数に制限を設けておりませんので、証拠金管理はゆとりある資金でご自身の投資スタイルに合った方法で行なってください。
※必ずしも上記利食いの値を保証するものではございません

【トレンド300】

エントリーロジックは、ベースとして価格変動の反発を狙うトレードとして組み上げており、大きな価格変動後に訪れる急激な反動や穏やかな価格変動を伴う穏やかな反動など数種類の反発パターンを狙っていきます。
≪エントリー(新規建玉)ルール≫
60分足の指数平滑移動平均、ボリンジャーバンドをメインとしながらも15分足、5分足の指標も利用し、数分単位でエントリータイミングを狙うロジック。短期逆張りと中期逆張りをメインとしたロジックで設計されています。

【ひかえめビーナス】

売買頻度が少ない設計。
長期と短期の指数平滑移動平均線の位置関係でトレンドを把握したうえで、ボリンジャーバンドでトレードタイミングを判断し、トレンドと同方向でエントリーを行うシステム。
トレイリングストップ機能を保有しており、利益が乗ってきた場合には、可能な限り利益を伸ばせるような設計。

プロフィットファクター(PF)比較!!

プロフィットファクター(PF)とは?

プロフィットファクター(PF)とは、総利益と損損失の割合を示す指標。
プロフィットファクター(PF)= 総利益÷総損失
1.0より大きければ勝ち越し、1.0未満で負け越しを示します。

3年間 トレードウィナール(EUR/USD) vs トップシークレット(EUR/JPY)
PF 3.11 PF 2.78
1年間 こっつこつこつ(AUD/USD) リバーサルエンジン(EUR/JPY)
PF 4.63 PF 3.25
3ヵ月間 サルバトーレ(EUR/JPY) ドルストライカー(USD/JPY)
PF 4.45 PF 4.05
1ヵ月間 MAマスターⅡS(AUD/JPY) スウィングマン(CHF/JPY)
PF 4.59 PF 3.92

2016/1/15 現在
※ループ・イフダン®シリーズを除く
※バックテストを含む

【トレードウィナール】

トレード回数は週に1回程度のシングルポジションシステム。
+16pips程度からトレーリングストップを行い、最終的には+50pips程度の利食いを目指した設計。

【トップシークレット】

基本的に買いポジションしか取らない設計の売買システム。

【こっつこつこつ】

スイングトレードタイプ。トレード頻度は高くないが、安定したトレードを実現するためにローリスクの利益獲得を目指している。
長短の移動平均線の及びボリンジャーバンドと現在の価格の位置関係を元にトレードを行う。

【リバーサルエンジン】

ボリンジャーバンドを指標として相場の反転を狙うシステム。
約5%の確率で発生する異常な高値更新時に、反落を予測して仕掛ける売りシグナルと、逆の安値更新時の買いシグナル。

【サルバトーレ】

トレンドフォロー型の順張り売買システム。

【ドルストライカー】

特定の時間帯を狙った逆張りのシステムで、短期のトレンドを見極めながら、買われ過ぎ、売られ過ぎのタイミングでポジションを持つ設計。
ポジションエントリーの条件が整えば、戦略的に複数のポジションを同時保有し、収益の最大化を図る。

【MAマスターⅡS】

期間の異なる2つの移動平均線の差(2つの移動平均の拡大・収縮)から、相場の反転位置検出を行い売買する。
乖離平均(x期間)が拡大から縮小に転じた時点で買い、乖離平均(x期間)が縮小から拡大に転じた時点で売る。

【スウィングマン】

トレンド方向への押し目買い・戻り売りといった、トレンドに逆らわない、順張型システム。
CCI(コモディティ・チャネル・インデックス)を判定に用いている。売買頻度は少なめに設定。

性格比較!!

デイトレ代表 トレンド300SP(EUR/USDY) vs スイング代表 ライドーズACT2(USD/CHF)

※2016/1/15 現在

【トレンド300SP】

トレンドフォロー型の順張り売買システム。
複数の通貨ペアと時間軸を組み合わせてトレンド判断を行いエントリーする。
300pips程度の利食い設定と70pips程度のロスカット設定。その他、可変的な決済もあり。

【ライドーズACT2】

スイスフラン通貨が上昇している状況を「通貨エネルギーがあり、その傾向は継続する。」という考えをベースに構築したロジック。
その傾向が継続している場合にはエントリーとし、最大で2ポジションまで保有。
ナンピンではなく利乗せによるポジション追加。複数持った状態でのTP(利益確定)とLC(ロスカット)を設定している。

総評

やはり自動売買(システムトレード)を比較するポイントとしては、自分の考えをその売買システムは実現してくれるのかが大事です。
人気や成績を比較したうえでシステムの性格を比較することで、利用されている理由や獲得利益のイメージが湧き、そのシステムと自分の考えが一致しているかが分かります。