閉じる
  • 自分でトレードひまわりFX
  • 自動でトレードエコトレFX
  • FXを学ぶアカデミーチョイス
  • マーケット
    情報を知る
  • お客様サポート
お困りのことがございましたら
お気軽にお問い合わせください
0120-86-9686
受付時間 AM9時〜PM5時(土日・年末年始を除く)
閉じる
MENU

自分でトレード ひまわりFX

自動でトレード エコトレFX

FXを学ぶ アカデミーチョイス

マーケット情報

お客様サポート

閉じる

ローカルナビゲーション
  • エコトレ FX TOP
  • システムトレードの基礎知識
  • エコトレ FX 詳細
  • ポートフォリオジェネレーター
  • ループ・イフダン®

シストレとは?

シストレ(システムトレード)とは、“あらかじめ決めておいたルールに従って継続的・機械的にトレードする投資法”です。海外では有効な投資スタイルの1つとして幅広く使用されており、ここ日本でも多くの一流のトレーダー達が、シストレを使っています。

シストレは、FX(外国為替)取引など様々な取引で取り入れられており、目的や用途に応じて様々な形式が存在します。投資スタイルにあったシストレをぜひ見つけてみてください。

【連載】 シストレの専門研究はこちら 『トレーディング、Arts&Logic』

なぜシストレなのか

個人投資家の中で、1年間で利益を上げている人はわずか10%だといわれています。その理由は、投資判断をする重要な局面で入り込む「希望的観測」や「臆病さ」といった人間的な感情です。その意味では、「意志との戦い」を制することが、トレードに勝つための条件といえるのです。つまり、シストレを用いることによって、「意志との戦い」を制することができるのです。

人間なら誰でも持っている心理的弱点を克服し、トレードで着実な利益を出し続ける突破口。それがシストレです。

シストレのメリット

[メリット1] 相場観を持たずに売買ができる

構築した、または購入したシステムは、そのルールに従って機械的に売買を行っていきます。そこには一切の感情は無く、ルールに応じた利益確定や損切りの判断をあなたに代わって淡々と遂行されます。

[メリット2] 感情によって生じる余分なリスクを回避できる

人間は潜在的に自分自身が正しくありたいという欲求があります。例えば私たちは、自分が立てた予想に対して反する行動を自我が許さないといった心理状態になりがちです。しかしそれでは相場のセオリーを踏み外してしまうかもしれません。

マーケットと同様、自分自身をコントロールするのは至難の業です。だからルールを身につけて、それに従って潜在的な欲求から自分自身をコントロールしていく必要があります。

つまりマーケットで成功する基本的なセオリーを実行する為に、感情や潜在的欲求に左右されずに売買を実現できることが、システムトレードの最大のメリットなのです。

[メリット3] 24時間マーケットを見続ける必要がありません

昼間は仕事や、夜は睡眠など24時間マーケットを見続けることはなかなかできませんが、シストレなら、あなたに代わってシステムが24時間マーケットを見ながらルールに従い継続的・機械的にトレードしていきます。

[メリット4] エコトレFXなら、自分で売買システム(ルール)を作る必要がありません

シストレは、自分でプログラミングして取引をしなくてはいけません。
しかし、エコトレFXなら、売買システムを自分で作らず、売買システムから気に入ったものを選ぶだけで、簡単にFXのシストレをすることができます。だからエコトレFXなら初心者や未経験者でも取引できます。

エコトレFX(シストレ)の詳細はこちら

シストレのご注意点

[ご注意点1] システムに従い続けることができるか?

人間の感情や潜在的な欲求に左右されず、そのシステムを使い続けることができるかどうか。それが、一つの大きな鍵となります。

例えば、システムで買いシグナルが出ても、 チャートを見ると下がりそうに見える・・・。こんな時、ついシステムのルールに従わずに自分の直感を信じてシグナルと違う行動を取ってしまう。1度や2度 はその直感が正しい場合もあるかもしれませんが、そういったことを継続すれば、長期的にはマイナスになる可能性が高いでしょう。

[ご注意点2] 信頼できるシステムかどうか

また、システムのシグナルに従い、何度か負けトレードが続くと、そこで使うのを止めてしまっていませんか?信頼できるシステムだからこそ、使い続け られる。これがシストレで一番大切なことです。シストレでは、トレードはすべてシステム(=ルール)に任せてしまい、売買シグ ナルを見ることだけに集中します。そのため、その売買シグナルが信頼できるかどうかが、もっとも重要になってきます。

ユーティリティーメニュー
  • シストレ研究連載『トレーディング、Arts&Logic』by 田中 雅