閉じる
お困りのことがございましたら
お気軽にお問い合わせください
0120-86-9686
受付時間 AM9時〜PM5時(土日・年末年始を除く)
閉じる
MENU

口座をお持ちのお客様限定レポート

口座をお持ちのお客様限定レポート

ひまわり証券では、口座をお持ちのお客様限定で、豪華講師陣によるレポートをご用意しております。

江守哲の今日のドル円予想

毎日更新!ドル円予想レポート

マクロ経済の第一人者であるエモリキャピタルマネジメント代表取締役江守哲氏によるドル円に関するファンダメンタル情報と、移動平均線を用いたドル円のデイトレ戦略レポート。ドル円予想の決定版

お客様メニューについて

取引システム「ひまわりFX WEB」、もしくは「ひまわりFX PRO」にログイン後、マイページよりご覧ください。

マイページの閲覧方法はこちら

毎日更新!ドル円予想レポート サンプル

江守哲氏のプロフィール

エモリキャピタルマネジメント代表取締役

1990年慶應義塾大学商学部卒業後、住友商事に入社。元上司が起こした銅事件に遭遇。ロンドンにおいて事後処理の現場を仕切り、「2600億円の損失を確定させた男」としても知られる。2004年以降の原油高を的中させたことで世界的に知られるようになり、2008年には原油価格の高騰およびその後の暴落を予測。
リーマン・ショックの中、運用していたコモディティファンドで高収益を上げることに成功した。2016年からの「円高・株安」をもっとも的確に予測したと評価されている。

このマーケット情報について

概要
マクロ経済の第一人者であるエモリキャピタルマネジメント代表取締役江守哲によるドル円に関するファンダメンタル情報と、移動平均線を用いたドル円のデイトレ戦略レポート。ドル円予想の決定版
活用方法
ドル円のデイトレポイントを見る
更新頻度
毎日

マーケットニュース

株式会社DZHフィナンシャルリサーチが、文字通りグローバルなニュースをタイムリーにお届けします。トレードの判断材料の一助となる情報を多数掲載しております。

お客様メニューについて

このコンテンツは、当社にひまわりFX口座をお持ちのお客様限定情報となっており、取引システムへログイン後にご覧いただけます。

画像

このマーケット情報について

概要
株式会社DZHフィナンシャルリサーチが、文字通りグローバルなニュースをタイムリーにお届けします。
活用方法
取引タイミングを見る
更新頻度
-

デイトレNAVIGATION

トモラニ氏によるデイリー動画レポート

毎日配信!売買戦略動画レポート

プロトレーダーの育成に注力するWin-invest Japan株式会社のトレーダー兼講師:齊藤トモラニ氏によるひまわり証券だけのデイリー動画レポート。
毎日注目の通貨ペアを選定しご案内!その日のトレードに活きるテクニカルポイントと売買戦略をお届けいたします。

お客様メニューについて

取引システムにログイン後、マイページよりご覧ください。

マイページの閲覧方法

デイトレNAVIGATION サンプル

  

齊藤智子氏(トモラニ)プロフィール

FXスクール、Win-invest Japan株式会社の代表取締役

通常は受講生のトレードサポート、情報配信を行っている。チャートの分析力と解りやすい講義にはファンも多くトモラニの愛称で親しまれている。
2011年にはパンローリング社より「トモラニが教える給料を10倍にするFX勝ちパターンを実現する極意」DVDも発売。

このマーケット情報について

概要
Win-invest Japan株式会社のトレーダー兼講師のトモラニ氏が注目の通貨ペアをご案内!その日のトレードに活きるテクニカルポイントと売買戦略を動画でお届けいたします。
活用方法
取引タイミングを見る
更新頻度
毎日(土日除く)

GIweekly

株式会社DZHフィナンシャルリサーチによる週刊レポート

今週の相場見通し・コメンテーターの一言・経済指標・ピックアップテクニカルという構成となっており、トレード判断の一助となる情報をお届けします。本ページではお客様限定で公開中のGIweeklyの一部「GIweekly  先週のマーケットポイント」のみを公開いたします。

GIweekly 先週のマーケットポイント

当社にひまわりFX口座をお持ちのお客様限定情報となっており、「ひまわりFX WEB」、もしくは「ひまわりFX PRO」にログイン後、ご覧いただけます。

GIweekly 先週のマーケットポイント

GIweekly 今週のマーケットポイント[限定版]

当社にひまわりFX口座をお持ちのお客様限定情報となっており、「ひまわりFX WEB」、もしくは「ひまわりFX PRO」にログイン後、ご覧いただけます。

サンプルレポート

お客様レポート閲覧方法

取引システム「ひまわりFX WEB」、もしくは「ひまわりFX PRO」にログイン後、マイページよりご覧ください。

マイページの閲覧方法

このマーケット情報について

概要
株式会社DZHフィナンシャルリサーチがお届けする週刊レポートです。先週の動向と今週の見通しに関する2種類のレポートをご用意しています。
活用方法
取引タイミングを見る
更新頻度
毎週第一営業日

柏葉の月刊テクニカルレポート

毎月第3金曜更新!相場判断戦略レポート

シンプルな分析をモットーとして大局を把握。月足・週足を使っての日柄計算を軸に置き、波動構成と値幅観測を交え、相場の出発点・着地点そして目標値の予測を目的とする。
その考えをより深く伝える為に、レポート連動型のWEBセミナーを行うスタイル。

お客様メニューについて

取引システム「ひまわりFX WEB」、もしくは「ひまわりFX PRO」にログイン後、マイページよりご覧ください。

マイページの閲覧方法

柏葉の月刊テクニカルレポート サンプル

サンプルレポート

柏葉克俊のプロフィール

ひまわり証券社員 NPO法人日本テクニカルアナリスト協会会員(CMTA)

ひまわり証券のWEBセミナー講師として日々の相場分析を独自の視点から展開。
東京MXTV「ストックボイス」への出演も多数。主に日柄計算を軸としたトレンド分析に定評。
チャートの線形からも相場の力加減を察し、明確な仕掛け・見切りのポイントを提示する。

このマーケット情報について

概要
ひまわり証券テクニカルアナリスト柏葉克俊が毎月1つの通貨ペアに対して、とことん掘り探った相場分析を展開しています。大局の把握にお役立てください。
活用方法
取引タイミングを見る
更新頻度
毎月第3金曜日

著名人による限定特別レポート

不定期更新

鳥居万友美氏、雨夜恒一郎氏などFX取引に精通した著名人による、ひまわり証券だけのために執筆した限定特別レポートです。テクニカル・ファンダメンタル・マクロ経済からのアプローチなど、著名人が得意とする分野からFXの今後の見通しやテクニックなどを惜しみなく披露していただいております。

お客様メニューについて

取引システム「ひまわりFX WEB」、もしくは「ひまわりFX PRO」にログイン後、マイページよりご覧ください。

マイページの閲覧方法はこちら

著名人による限定特別レポート サンプル

FXで毎月安定的に利益を出し続け、平均の年間獲得pips数は5,000pips。再現性が高く、初心者でもスムーズに取り組める「王道のデイトレロジック」を教えられる数少ない教育者であるMAX岩本氏による「納得の「移動平均線」活用術!」と題したひまわり証券限定オリジナルレポート。

MAX岩本氏特別レポート サンプル

ファンダメンタルズ分析、テクニカル分析はもちろん、オプションなどデリバティブ理論にも精通する、人呼んで「マーケットの語り部」雨夜 恒一郎 氏による「ファンダメンタルズ基礎 これだけでドル円の方向が分かる!FF金利先物とドットプロットチャート」と題したひまわり証券限定オリジナルレポート。

雨夜 恒一郎 氏特別レポート サンプル

FXで個人が利益を出す為に必要なテクニカル分析の教育を行っているWin-invest Japan株式会社取締役会長である「杉田 勝」氏による「政治経済情勢とエリオット・サイクル論で導く、ドル円の年末予測」と題したひまわり証券限定オリジナルレポート。

杉田 勝 氏特別レポート サンプル
過去公開特別レポートサンプル
公開日 講師 特別レポートタイトル
2017/8/8 平野 朋之 氏 テクニカルトレーダーから見た今年の夏相場
2017/7/14 雨夜 恒一郎 氏 アメリカ経済の理想と実態から浮き出る目先1ヵ月間のドル円
2017/6/9 井手 慶之 氏 ドル円相場の今後の見通しと重要ポイントの考察
2017/5/12 だいまん 氏 上半期末を睨んだドル円相場の見通しと戦略
2017/4/25 えつこ 氏 指標発表と注目されているファンダメンタルのニュースで動く時を予測する
2017/3/14 雨夜 恒一郎 氏 FOMC直前!米国利上げは加速するか?
2017/1/27 鳥居 万友美 氏 ドル円チャート分析
2017/1/18 江守 哲 氏 ドル高期待が高まるも、アメリカ新政権の政策には要注意

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析のどちらを使えばいいですか?

テクニカルとファンダメンタルズをどのように使うのかによって変わってくるかもしれません。例えば、ファンダメンタルズ分析は大きな流れを見る「どっちの方向(上がるか、下がるか)Jに動くかを占うには有効です。しかし「どの水準」まで動くのか(動きそうなのか)、どのタイミングで売買したら良いのかなど、具体的数字を知ることには向いていません。
一方、テクニカル分析はテクニカルのツールを駆使して、ビジュアル的に方向性を見たり「どの水準」まで動くのかが具体的な数字として出てきます。また、具体的な数字が出てくるため、売買のタイミングを掴みやすい手法ということが言えます。
どちらの分析が優れているということもありませんが、一般的にはテクニカル分析の方が人気は高いようです。
なぜ、テクニカル分析の方が人気かというと為替だけではなく、幅広い銘柄に適用でき、手軽に利用できることがあげられます。

テクニカル分析手法は何がおすすめですか?

テクニカル分析の手法には数多くの方法があり、全てを把握することはまず不可能です。言い換えれば投資スタイルに合ったテクニカル分析を探す楽しみはあるでしょう。「おすすめの分析手法」については結論から言ってしまいますと、好みで選んでも問題ありません。しかし、利用するテクニカル分析の特性を把握しておきませんと、大きなリスクを抱える可能性があります。
したがって、はじめてテクニカル分析を使用する場合は、比較的有名な移動平均線やRSI(相対力指数)などから入る方が良いかと思います。その理由としては、情報量が豊富であることからどういった特性なのか把握しやすいことがあげられます。また、慣れてきますと2つ以上のテクニカル分析を利用して相場分析をするようになるかもしれません。
ただ、2つ以上のテクニカル分析を利用する場合、一方が売りサイン、一方が買いサインが出るなど、矛盾した結論が出る場合があります。テクニカル分析の数が多くなればなるほど、その傾向は強くなりますので、判断に迷うこともあると思います。そういった場合には、相場判断ができないようになってしまうこともありえますので、過剰な種類のテクニカル指標を利用することは避けた方がいいでしょう

外部アナリストが執筆するレポート等に関する注意事項

ひまわり証券は当該レポートの執筆者に対し、対価を支払い、当該レポートの執筆を依頼しております。