ひまわりFXレギュラー口座、システムトレード口座での通貨毎スプレッドのデータを公開しています。

close

ローカルナビゲーション
  • マーケット情報TOP
  • マーケット情報の活用方法

スプレッド

FXのスプレッド

スプレッド | 2ウェイプライス

FX取引では売買の透明性を確保するために、二つの価格が提示されます。これは「2ウェイプライス」(ツーウェイプライス)と言われるものです。

FX取引ではそれぞれ「お客様が売ることができる価格(買値)」と「お客様が買うことができる価格(売値)」の2つの価格をスプレッドとして提示しています。
この価格の差が大きいと「広い」スプレッド、価格の差が小さいと「狭い」スプレッドとなります。

取扱会社によってFXのスプレッドの幅には違いがあります。

【FXのスプレッド】…スプレッドとは

例えば、ドル/円の価格が「100.000-100.010」の時は以下のように提示し、左側に位置する価格を「ビッド(=Bid/お客様が売ることができる価格)」、右側に位置する価格を「アスク(=Ask/お客様が買うことができる価格)」と言い、その価格差を「スプレッド」と呼びます。
スプレッドは実質手数料となりますので一般的には、このスプレッドが狭いほど有利な取引環境であると言えます。
しかし条件付のスプレッド幅であったり、 時間帯によってはスプレッド幅が拡大するFX会社も存在するため、 スプレッド幅と同時にスプレッド幅の安定性にもご注目ください。
※ひまわりFXは原則固定スプレッド制を採用しております。
ひまわりFXで取り扱っている、通貨ペア毎のスプレッド一覧を掲載しております。
お取引を考えている通貨ペアが御座いましたら、一度スプレッドのポイントをご覧下さい。

FX スプレッドとは

【FXのスプレッド】…スプレッドはどう決まるのか

スプレッドはカバー先金融機関から弊社を含めた外国為替証拠金取引業者業者へ提示されているレートを元にして決まります。外国為替証拠金取引業者はお客様からの注文をお取次ぎ次第、カバー先金融機関へ注文を出します。
スプレッドが乱れる時の多くは、カバー先金融機関にトラブルが生じている場合や市場のレートが急変している時です。
スプレッドが急に拡大するとお取引環境が乱れてしまいます。
この様なことを防ぐために複数のカバー先金融機関と提携して、スプレッドの維持に努めております。
平常時も複数のカバー先から提示されたレートの中から、最良のレートでご注文を執行できる様に備えているため、安定したスプレッドをお客様に提示することができております。

【FXのスプレッド】…スプレッドはコスト

ここからはスプレッドがコストであるという点を詳しく説明します。
スプレッドが1銭の場合、取引一回に付き100円のコストが掛かっています。
スプレッドが安定しない会社で取引をする場合、一回の取引に掛かるコストが上昇することがあります。
スプレッドの幅が急変している時、スプレッド幅が5銭に広がっているとすると、一回取引をすると500円のコストが掛かっていることになります。
(上記は10000通貨で取引をしている計算です。)

レギュラー口座 基準スプレッド一覧表

通貨ペア レギュラー口座
ドル/円[スプレッド] USD/JPY ドル/円 1銭
ユーロ/円[スプレッド] EUR/JPY ユーロ/円 3銭
ポンド/円[スプレッド] GBP/JPY ポンド/円 6
オーストラリアドル/円[スプレッド] AUD/JPY オーストラリアドル/円 4銭
ニュージーランドドル/円[スプレッド] NZD/JPY ニュージーランドドル/円 7銭
カナダドル/円[スプレッド] CAD/JPY カナダドル/円 7銭
スイスフラン/円[スプレッド] CHF/JPY スイスフラン/円 6
ドル/カナダドル[スプレッド] USD/CAD ドル/カナダドル 7pips
ドル/スイスフラン[スプレッド] USD/CHF ドル/スイスフラン 3pips
ユーロ/ドル[スプレッド] EUR/USD ユーロ/ドル 2pips
ユーロ/ポンド[スプレッド] EUR/GBP ユーロ/ポンド 5pips
ユーロ/オーストラリアドル[スプレッド] EUR/AUD ユーロ/オーストラリアドル 10pips
ユーロ/ニュージーランドドル[スプレッド] EUR/NZD ユーロ/ニュージーランドドル 15pips
ユーロ/カナダドル[スプレッド] EUR/CAD ユーロ/カナダドル 12pips
ユーロ/スイスフラン[スプレッド] EUR/CHF ユーロ/スイスフラン 5pips
ポンド/ドル[スプレッド] GBP/USD ポンド/ドル 3pips
ポンド/オーストラリアドル[スプレッド] GBP/AUD ポンド/オーストラリアドル 15pips
ポンド/ニュージーランドドル[スプレッド] GBP/NZD ポンド/ニュージーランドドル 25~35pips
ポンド/スイスフラン[スプレッド] GBP/CHF ポンド/スイスフラン 10pips
オーストラリアドル/ドル[スプレッド] AUD/USD オーストラリアドル/ドル 3pips
オーストラリアドル/ニュージーランドドル[スプレッド] AUD/NZD オーストラリアドル/ニュージーランドドル 12pips
オーストラリアドル/スイスフラン[スプレッド] AUD/CHF オーストラリアドル/スイスフラン 6pips
ニュージーランドドル/ドル[スプレッド] NZD/USD ニュージーランドドル/ドル 3pips
南アフリカランド/円[スプレッド] ZAR/JPY 南アフリカランド/円 4銭

システムトレード口座 基準スプレッド一覧表

通貨ペア システムトレード口座
シストレ ドル/円[スプレッド] USD/JPY ドル/円 2銭
シストレ ユーロ/円[スプレッド] EUR/JPY ユーロ/円 4銭
シストレ ポンド/円[スプレッド] GBP/JPY ポンド/円 7銭
シストレ オーストラリアドル/円[スプレッド] AUD/JPY オーストラリアドル/円 5銭
シストレ ニュージーランドドル/円[スプレッド] NZD/JPY ニュージーランドドル/円 7銭
シストレ カナダドル/円[スプレッド] CAD/JPY カナダドル/円 7銭
シストレ スイスフラン/円[スプレッド] CHF/JPY スイスフラン/円 6
シストレ ドル/カナダドル[スプレッド] USD/CAD ドル/カナダドル 8pips
シストレ ドル/スイスフラン[スプレッド] USD/CHF ドル/スイスフラン 5pips
シストレ ユーロ/ドル[スプレッド] EUR/USD ユーロ/ドル 2pips
シストレ ユーロ/ポンド[スプレッド] EUR/GBP ユーロ/ポンド 4pips
シストレ ユーロ/オーストラリアドル[スプレッド] EUR/AUD ユーロ/オーストラリアドル 6pips
シストレ ユーロ/ニュージーランドドル[スプレッド] EUR/NZD ユーロ/ニュージーランドドル 11pips
シストレ ユーロ/カナダドル[スプレッド] EUR/CAD ユーロ/カナダドル 10pips
シストレ ユーロ/スイスフラン[スプレッド] EUR/CHF ユーロ/スイスフラン 4pips
シストレ ポンド/ドル[スプレッド] GBP/USD ポンド/ドル 8pips
シストレ ポンド/オーストラリアドル[スプレッド] GBP/AUD ポンド/オーストラリアドル 10pips
シストレ ポンド/ニュージーランドドル[スプレッド] GBP/NZD ポンド/ニュージーランドドル 24pips
シストレ ポンド/スイスフラン[スプレッド] GBP/CHF ポンド/スイスフラン 7pips
シストレ オーストラリアドル/ドル[スプレッド] AUD/USD オーストラリアドル/ドル 5pips
シストレ オーストラリアドル/ニュージーランドドル[スプレッド] AUD/NZD オーストラリアドル/ニュージーランドドル 12pips
シストレ オーストラリアドル/スイスフラン[スプレッド] AUD/CHF オーストラリアドル/スイスフラン 8pips
シストレ ニュージーランドドル/ドル[スプレッド] NZD/USD ニュージーランドドル/ドル 6pips
シストレ 南アフリカランド/円[スプレッド] ZAR/JPY 南アフリカランド/円 7銭

スプレッドの幅について

  • スプレッドは固定ではなく、主要経済指標の発表前後、早朝や主要市場の休日等で市場の流動性が低い時間帯、予期せぬ突発的事象等の発生時には、拡大する場合があります。
  • レギュラー口座とシストレ口座はカバー先金融機関が異なるため、配信レートが異なります。
  • 取引口座によって、スプレッドが異なりますのでご注意ください。

掲示スプレッドについて

  • 当社は、カバー先金融機関における仲値を中心に、ビッドはそれよりも安くアスクはそれよりも高く設定するため、その両価格間には「ビッド<アスク」となるスプレッドが存在します。

スプレッド表の表記について

  • スプレッドはポイント制を採用しており、取引レートの下二桁(右から二番目)が1ポイントの位です。
    例えば、ドル/円などの対円通貨ペアの場合、
    「2.8ポイント=0.028円(2.8銭)」になります。
    また、ユーロ/ドルなどの円が絡まない通貨ペアの場合、下四桁(右から二番目)が1ポイントの位となり「3.2ポイント=0.00032ドル」になります。