アービトラージ取引

あーびとらーじとりひき

  • 証券用語
  • 相場用語
  • 為替用語
  • 経済用語

日本語では裁定取引と訳す。アービトラージ取引は、価格変動において、同一の性格を持つ2つの商品の間で、割安な方を買い、割高な方を売ることにより、理論上リスクを抑えて収益を狙う取引のこと。現物株市場とデリバティブ市場との間での取引や、同一銘柄の先物で異なる限月の売り買いを組み合わせる「限月間スプレッド」、異なる先物市場間(例えば、大証とSGX)での「市場間スプレッド」などがある。


ひまわり証券会社概要

FX基礎知識はこちら

.

→ 用語集検索ページへ

閉じる
Copyright © Himawari Securities, Inc