単元株制度

たんげんかぶせいど

  • 証券用語
  • 相場用語
  • 為替用語
  • 経済用語

従来株式の売買は、額面50円の株式ならば1000株、額面500円の株式ならば100株といったように、一定の株数(単位株:額面総額が原則5万円)でなければ、売買することが出来ませんでした。そこで、政府は、少額の個人投資家でも容易に株式の取引ができるようにするため、従来の「単位株制度」を廃止し、新たに「単元株制度」を導入しました。単元株とは、市場で売買が可能な最低数量のことです。


ひまわり証券会社概要

FX基礎知識はこちら

.

→ 用語集検索ページへ

閉じる
Copyright © Himawari Securities, Inc