株価指数の理解を深める | ひまわり証券

株価指数の理解を深める

株価指数とは?

「くりっく株365」は株価指数等の値動きを利用した取引です。

株式の取引をされたことがない方も、「株価指数」という言葉はテレビやニュースで聞かれたことがあるのではないでしょうか?
株式の取引では、個々の企業について特有の材料で買われたり売られたりすることがありますが、 一般的に株価の上げ下げは、市場全体の動向に左右されやすい傾向があります。

そこで、株式市場全体の動向を把握するために、複数の株式銘柄の株価を平均するなどして数値化した「株価指数」が使われます。
例えば、日経225(日経平均株価)は東証1部に上場する2000以上の銘柄の中から選ばれた225の銘柄の株価を単純平均したものです。 主要225社の株価の平均値をとることで、日本を代表する企業の株価全体の値動きを示しています。
株価指数は、産業、業種、経済といった数々のサンプルが入った、株の「バスケット」のようなものです。 それら株の集合的変動が、市場全体の傾向を示す分かりやすい指標となります。

日経225(日経平均株価)の構成銘柄

この章では、株価指数の代表として 日経225(日経平均株価)の構成銘柄について、ご紹介させていただきます。

※2020年6月時点の構成銘柄

食品
証券コード 銘柄
2002 日清製粉グループ本社
2269 明治ホールディングス
2282 日本ハム
2501 サッポロホールディングス
2502 アサヒグループホールディングス
2503 キリンホールディングス
2531 宝ホールディングス
2801 キッコーマン
2802 味の素
2871 ニチレイ
2914 日本たばこ産業
繊維
証券コード 銘柄
3101 東洋紡
3103 ユニチカ
3401 帝人
3402 東レ
パルプ・紙
証券コード 銘柄
3861 王子ホールディングス
3863 日本製紙
化学工業
証券コード 銘柄
3405 クラレ
3407 旭化成
4004 昭和電工
4005 住友化学
4021 日産化学工業
4042 東ソー
4043 トクヤマ
4061 デンカ
4063 信越化学工業
4183 三井化学
4188 三菱ケミカルホールディングス
4208 宇部興産
4272 日本化薬
4452 花王
4631 DIC
4901 富士フイルムホールディングス
4911 資生堂
6988 日東電工
医薬品
証券コード 銘柄
4151 協和発酵キリン
4502 武田薬品工業
4503 アステラス製薬
4506 大日本住友製薬
4507 塩野義製薬
4519 中外製薬
4523 エーザイ
4568 第一三共
4578 大塚ホールディングス
石油
証券コード 銘柄
5019 出光興産
5020 JXTGホールディングス
ゴム
証券コード 銘柄
5101 横浜ゴム
5108 ブリヂストン
窯業
証券コード 銘柄
5201 AGC
5202 日本板硝子
5214 日本電気硝子
5232 住友大阪セメント
5233 太平洋セメント
5301 東海カーボン
5332 TOTO
5333 日本碍子
鉄鋼業
証券コード 銘柄
5401 日本製鉄
5406 神戸製鋼所
5411 JFEホールディングス
5541 太平洋金属
非鉄金属・金属製品
証券コード 銘柄
3436 SUMCO
5703 日本軽金属ホールディングス
5706 三井金属鉱業
5707 東邦亜鉛
5711 三菱マテリアル
5713 住友金属鉱山
5714 DOWAホールディングス
5801 古河電気工業
5802 住友電気工業
5803 フジクラ
5901 東洋製罐グループホールディングス
機械
証券コード 銘柄
5631 日本製鋼所
6103 オークマ
6113 アマダ
6301 小松製作所
6302 住友重機械工業
6305 日立建機
6326 クボタ
6361 荏原製作所
6367 ダイキン工業
6471 日本精工
6472 NTN
6473 ジェイテクト
7004 日立造船
7011 三菱重工業
7013 IHI
電気機器
証券コード 銘柄
3105 日清紡ホールディングス
6479 ミネベアミツミ
6501 日立製作所
6503 三菱電機
6504 富士電機
6506 安川電機
6645 オムロン
6674 ジーエス・ユアサコーポレーション
6701 日本電気
6702 富士通
6703 沖電気工業
6724 セイコーエプソン
6752 パナソニック
6758 ソニー
6762 TDK
6770 アルプスアルパイン
6841 横河電機
6857 アドバンテスト
6902 デンソー
6952 カシオ計算機
6954 ファナック
6971 京セラ
6976 太陽誘電
7735 SCREENホールディングス
7751 キヤノン
7752 リコー
8035 東京エレクトロン
造船
証券コード 銘柄
7003 三井E&Sホールディングス
7012 川崎重工業
自動車・自動車部品
証券コード 銘柄
7201 日産自動車
7202 いすゞ自動車
7203 トヨタ自動車
7205 日野自動車
7211 三菱自動車工業
7261 マツダ
7267 本田技研工業
7269 スズキ
7270 SUBARU
7272 ヤマハ発動機
精密機器
証券コード 銘柄
4543 テルモ
4902 コニカミノルタ
7731 ニコン
7733 オリンパス
7762 シチズン時計
その他製造
証券コード 銘柄
7832 バンダイナムコホールディングス
7911 凸版印刷
7912 大日本印刷
7951 ヤマハ
水産
証券コード 銘柄
1332 日本水産
1333 マルハニチロ
鉱業
証券コード 銘柄
1605 国際石油開発帝石
建設
証券コード 銘柄
1721 コムシスホールディングス
1801 大成建設
1802 大林組
1803 清水建設
1808 長谷工コーポレーション
1812 鹿島建設
1925 大和ハウス工業
1928 積水ハウス
1963 日揮
商社
証券コード 銘柄
2768 双日
8001 伊藤忠商事
8002 丸紅
8015 豊田通商
8031 三井物産
8053 住友商事
8058 三菱商事
小売業
証券コード 銘柄
3086 J.フロントリテイリング
3099 三越伊勢丹ホールディングス
3382 セブン&アイ・ホールディングス
8028 ファミリーマート
8233 高島屋
8252 丸井グループ
8267 イオン
9983 ファーストリテイリング
銀行
証券コード 銘柄
7186 コンコルディア・フィナンシャルグループ
8303 新生銀行
8304 あおぞら銀行
8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ
8308 りそなホールディングス
8309 三井住友トラスト・ホールディングス
8316 三井住友フィナンシャルグループ
8331 千葉銀行
8354 ふくおかフィナンシャルグループ
8355 静岡銀行
8411 みずほフィナンシャルグループ
証券
証券コード 銘柄
8601 大和証券グループ本社
8604 野村ホールディングス
8628 松井証券
保険
証券コード 銘柄
8630 SOMPOホールディングス
8725 MS&ADインシュアランスグループホールディングス
8729 ソニーフィナンシャルホールディングス
8750 第一生命ホールディングス
8766 東京海上ホールディングス
8795 T&Dホールディングス
その他金融
証券コード 銘柄
8253 クレディセゾン
不動産
証券コード 銘柄
3289 東急不動産ホールディングス
8801 三井不動産
8802 三菱地所
8804 東京建物
8830 住友不動産
鉄道・バス
証券コード 銘柄
9001 東武鉄道
9005 東急
9007 小田急電鉄
9008 京王電鉄
9009 京成電鉄
9020 東日本旅客鉄道
9021 西日本旅客鉄道
9022 東海旅客鉄道
陸運
証券コード 銘柄
9062 日本通運
9064 ヤマトホールディングス
海運
証券コード 銘柄
9101 日本郵船
9104 商船三井
9107 川崎汽船
空運
証券コード 銘柄
9202 ANAホールディングス
倉庫・運輸関連
証券コード 銘柄
9301 三菱倉庫
情報・通信
証券コード 銘柄
9412 スカパーJSATホールディングス
9432 日本電信電話
9433 KDDI
9437 NTTドコモ
9613 NTTデータ
9984 ソフトバンクグループ
電力
証券コード 銘柄
9501 東京電力ホールディングス
9502 中部電力
9503 関西電力
ガス
証券コード 銘柄
9531 東京ガス
9532 大阪ガス
サービス業
証券コード 銘柄
2413 エムスリー
2432 ディー・エヌ・エー
4324 電通グループ
4689 ヤフー
4704 トレンドマイクロ
4751 サイバーエージェント
4755 楽天
6098 リクルートホールディングス
6178 日本郵政
9602 東宝
9735 セコム
9766 コナミホールディングス

日経225(日経平均株価)とTOPIXの違い

日本を代表する株価指数に日経225(日経平均株価)がありますが、 もう一つ有名な指数にTOPIXがあります。
この章では、この2つの株価指数の違いについて解説していきますが、 主な違いは、株価指数を構成する「銘柄数」の違いにあります。
まず、日経225(日経平均株価)は、その名の通り、日本経済新聞社が算出 している株価指数です。日本株の値動きを表す指標としては、 最も知名度が高い指標と言われています。
"225"という数字からも分かる通り、構成銘柄は"225種類"となります。 特徴は上場しているすべての銘柄の平均株価ではなく、東証1部上場銘柄の 中から225銘柄を厳選して選び、株価を平均した指標になります。
銘柄の中身は「ハイテク関連株」や「輸出関連株」が中心となりますので、 これらの動きによって、大きく指数が動くことがあります。特に「外需関連株」の 動きや傾向を知るには、日経平均株価が適しているとされています。
なお、日経225(日経平均株価)は、市場で活発に売買される銘柄を選ぶためにも、 年に1回、10月に定期的に実施する「定期見直し」や上場廃止など構成銘柄に 欠員が生じる場合に実施する「臨時入れ替え」で構成銘柄が入れ替わります。
記憶に新しいところでは、2018年10月に市場流動性の観点から 「サイバーエージェント」が新たな構成銘柄として採用されたのは有名な話です。
一方、TOPIXとは、東京証券取引所が算出している指数で、 東証一部に上場している全銘柄を対象とした株価指数となります。
知名度では日経平均株価に劣りますが、2,000社以上ある 上場企業数すべての株価が反映されるのがTOPIXの特徴となります。

世界の主要な株価指数

"世界で最も有名"な米国の株価指数「NYダウ(ニューヨークダウ)」

世界で最も有名な株価指数は、米国の「NYダウ(ニューヨークダウ)」と言われています。 「NYダウ(ニューヨークダウ)」は、ウォール・ストリート・ジャーナルを発行する ダウ・ジョーンズ社が発表している株価指数になります。 最大の特徴は、厳選された「30銘柄」で構成されている点です。 これを聞いて驚く方もいるかもしれませんが、世界の株式市場で 注目されるNYダウ(ニューヨークダウ)は、たった30銘柄で構成される株価指数なのです。 ですが30社といっても、NYダウ(ニューヨークダウ)の構成銘柄の時価総額は 約800兆円に及びます(2019年10月時点)。 東証1部全体の時価総額が約500兆円ですので、 一つひとつの企業がいかに巨大かがわかります。 日本の株式市場を大きく上回る規模であることを考えると、 世界的な影響力の大きさが分かります。

NYダウ(ニューヨークダウ)構成銘柄

※2020年6月時点の構成銘柄

金融
銘柄
アメリカン・エキスプレス
ゴールドマン・サックス
JPモルガン/チェース
小売業
銘柄
ホームデポ
ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス
ウォルマート・ストアーズ
情報・通信業
銘柄
シスコシステムズ
通信
銘柄
ベライゾン・コミュニケーションズ
科学
銘柄
ダウ
スリーエム
コンピューター
銘柄
アップル
アイ・ビー・エム
ソフトウェア
銘柄
マイクロソフト
医薬品
銘柄
ジョンソン・エンド・ジョンソン
メルク
ファイザー
保険
銘柄
トラベラーズ
ユナイテッド・ヘルス
日用品
銘柄
プロクター・アンド・ギャンブル (P&G)
飲料
銘柄
ザ コカ・コーラ カンパニー
外食
銘柄
マクドナルド
娯楽・メディア
銘柄
ウォルト・ディズニー・カンパニー
航空機
銘柄
ボーイング
重機
銘柄
キャタピラー
半導体
銘柄
インテル
石油
銘柄
シェブロン
エクソンモービル
航空宇宙・防衛
銘柄
レイセオン・テクノロジーズ
その他金融
銘柄
ビザ
その他製品
銘柄
ナイキ

「NYダウ(ニューヨークダウ)」以外にも米国株式市場で有名なインデックスとして S&P500やナスダック総合指数がありますが、これら3つの インデックスには構成する「銘柄数」に大きな違いがあります。

NYダウ(ニューヨークダウ) 米国企業の中から30銘柄を選出
S&P500 米国企業の中から500銘柄を選出
ナスダック総合指数 NASDAQ取引所に上場している全銘柄が対象

ドイツの代表的な株価指数「DAX」

「DAX」は、ドイツのフランクフルト証券取引所の上場銘柄のうち、 ドイツ企業の「主要30銘柄」を対象とした株価指数のことで、 「ドイツ株価指数」とも呼ばれています。 銘柄数については、前述した「NYダウ」と全く同じ30銘柄となります。 先進国ドイツの代表的な株価指数であるため、ユーロ圏のみならず世界的で注目度の 高い株価指標となっています。なお、ドイツの代表的な株価指標には、 「DAX」のほかに「FAZ指数」や「コメルツ指数」などがあります。

イギリスの代表的な株価指数「FTSE100」

「FTSE100」は、ロンドン証券取引所における株価指数で、 イギリスの代表的な株価指数です。欧州においても、 ドイツの「DAX」と並んで注目度の高い株価指数です。 英国フィナンシャル・タイムズ社と、ロンドン証券取引所グループの 合弁会社であるFTSEが公表するため、この名前が付けられています。 FTSE100はロンドン証券取引所に上場されている時価総額が 大きい企業「100社」を対象に、1983年12月31日の株価を基準値 (1,000ポイント)として計算された時価総額加重型の指数となっています。 なお、イギリスの代表的な株価指標には、「FTSE100」のほかに 「FTSE250種総合株価指数」や「FTSE500種総合株価指数」があります。

【ひまわり証券くりっく株365における重要事項】

  • 株価指数証拠金取引(くりっく株365)とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。相場の価格変動や金利・配当相当額により、損失が発生する場合があります。
  • レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の損失が発生するおそれもあります。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によっては、お客様よりお預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。
  • 取引には手数料が発生します。ループ株365をご利用の際には、投資助言報酬が別途発生します。ループ株365の売買ルールは、必ずしも記載通りに取引が行われることを当社が保証するものではありません。
  • マーケットメイカーが提示する買呼び値と売呼び値には差額があり、当該差額は固定ではなく、主要経済指標の発表前後、早朝や主要市場の休日等で市場の流動性が低い時間帯、予期せぬ突発的事象等の発生時には拡大する場合があります。
  • 日経225およびNYダウには、上下一定の範囲に1日の価格変動幅が制限される制限値幅が導入されています。制限値幅を超える価格では取引が成立しません。
  • あらかじめ証拠金を差し入れる必要がございます。取引に必要な証拠金額は、東京金融取引所が定める証拠金基準額と同額です。また、その証拠金は各株価指数の変動により増減します。
  • お取引の開始にあたり、契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断と責任において開始していただきますようお願いいたします。
  • その他詳細は、ホームページにてご確認ください。

【各ライセンスにおける免責事項】

日経平均株価(日経225):「日経平均株価」は株式会社日本経済新聞社(以下、「日本経済新聞社」という。)によって独自に開発された手法によって算出された著作物であり、日本経済新聞社は「日経平均株価」自体、及び「日経平均株価」を算出する手法に対して、著作権、知的財産権、その他一切の権利を有しています。
「日経平均株価」を対象とする株価指数証拠金取引(以下、「本件証拠金取引」という。)に関するすべての事業、取引規制および実施は、専ら取引所およびその参加者の責任であり、それらについて日本経済新聞社は一切の義務ないし責任を負うものではありません。本件証拠金取引市場を運営するにあたり本件証拠金取引に必要となる「日経平均株価」採用銘柄の配当落ち分は、取引所の責任の下、算出及び公表しています。日本経済新聞社は、「日経平均株価」の採用銘柄、算出方法、その他「日経平均株価」の内容を変える権利および公表を停止する権利を有しています。日本経済新聞社は「日経平均株価」を継続的に公表する義務を負うものではなく、公表の誤謬、遅延または中断に関して、責任を負うものではありません。

ダウ・ジョーンズ工業株価平均(NYダウ):Dow Jones Industrial AverageTM(ダウ・ジョーンズ工業株価平均)は、S&P Dow Jones Indices LLC(以下「SPDJI」)が算出する指数であり、SPDJIがライセンスに係る権利を保有しています。「DJIA®」、「The Dow®」、「Dow Jones®」及び「Dow Jones Industrial Average」(ダウ・ジョーンズ工業株価平均)のサービス・マークは、Dow Jones Trademark Holdings, LLC(以下「DJTH」)からSPDJIにライセンス供与されており、株式会社東京金融取引所(以下「金融取」)による一定の目的のために、SPDJIから金融取へ使用に関するサブライセンスが付与されています。金融取に上場されるダウ・ジョーンズ工業株価平均を原資産とするNYダウ証拠金取引は、SPDJI、DJTH及びそれらの関連会社により後援、承認、販売又は宣伝されるものではなく、これらのいずれもかかる商品への投資の妥当性に関していかなる保証・表明もしていません。

DAX®:DAX®はコンティゴ インデックスGmbH及びドイツ取引所グループ(以下「コンティゴ」)の登録商標です。
DAX®証拠金取引は、コンティゴにより保証、推奨、販売等いかなる形においてもサポートされているものではありません。コンティゴは、DAX®証拠金取引でのインデックス利用に伴う結果及びインデックストレードマークの利用、ある時点でのインデックスの価格等いかなる点においても、明示的及び黙示的な保証及び代理権を与えているものではありません。インデックスはコンティゴで計算し公表しています。しかし、適用可能な限りの制定法下において、コンティゴは第三者に対しインデックスの誤謬について責任を負いません。さらに、インデックスの誤謬の可能性を指摘する義務を、投資家を含む第三者に対して一切負いません。コンティゴによるインデックスの公表及びDAX®証拠金取引へのインデックスとインデックストレードマークの利用を認めたことによって、コンティゴとしてDAX®証拠金取引への投資を推奨し、またはこの投資の魅力について意見を表明するもしくは保証するものでは一切ありません。コンティゴはインデックス及びインデックストレードマークの唯一の権利所有者として、東京金融取引所に対してDAX®証拠金取引に関連してインデックスとインデックストレードマークを利用及び参照することを認めたものです。

FTSE100:FTSE100証拠金取引について、FTSE International Limited (以下「FTSE」)、London Stock Exchange Groupの会社 (以下「LSEG」) (以下「ライセンス供与者」と総称)は、 スポンサー、保証、販売、販売促進を一切せず、ライセンス供与者はいずれも、(ⅰ)FTSE100(以下「インデックス」)(FTSE100証拠金取引が由来する対象)の使用から得た結果、(ⅱ)上記インデックスが特定日の、特定時間において示す数値、(ⅲ)FTSE100証拠金取引に関連して使用される何らかの目的に対するインデックスの適切性―について、明示、暗示を問わず、請求、予測、保証や意見表明を行いません。ライセンス供与者はいずれも、東京金融取引所またはその顧客、得意先に対し、当該インデックスに関連する金融や投資に関する助言または推薦を提供したことはありませんし、その意思もありません。当該インデックスはFTSEまたはその代理人が算出します。ライセンス供与者は、(a)インデックスの誤り(過失その他であっても)に対していかなる者に対しても責任を負うものではなく、(b)いかなる者に対してもインデックスの誤りについて助言する義務を負うものでもありません。東京金融取引所はFTSE100証拠金取引の組成にあたり、FTSEよりその情報を使用する権利を取得しています。
当該インデックスの全ての権利はFTSEに帰属します。「FTSE®」はLSEGの商標で、ライセンスに基づきFTSEが使用します。

ISグループのサービス
  • ISホールディングスホームページ
  • ひまわりパートナーズホームページ
  • アドバンスドエステートキャピタルアドバイザーインターナショナルインクホームページ

ページトップ