詳細はこちら

ループ・イフダンの仕組み

ループイフダンの仕組み

漫画でわかる!ループ・イフダンの仕組み1
漫画でわかる!ループ・イフダンの仕組み2
漫画でわかる!ループ・イフダンの仕組み3
漫画でわかる!ループ・イフダンの仕組み4

ループ・イフダンの仕組み

ループ・イフダンの仕組み❶

弟くん

兄さん、ループ・イフダンならリピート戦略をどこに仕掛けるか相場を予想しなくてもいいんだよね?

お兄さん

ああ、ループ・イフダンはシステムが自動的に注文プランを作ってくれるからね。

弟くん

へ~、どんな注文になるかはシステム次第ってこと?

お兄さん

ウ~ン、ちょっと違うな。
ループ・イフダンが分かりやすいのは、一つには自分で設定するからなんだ。

弟くん

???
自動的に注文してくれると言ったり自分で設定すると言ったり、いったいどっちなんだよ?

お兄さん

悪い悪い、でも本当なんだ。
なんでもかんでもシステムがやってしまうわけではないから、逆にどうやって注文されるのかわかりやすいんだ。

リピート戦略イメージ❷

  1. リピート戦略イメージ2-1
  2. リピート戦略イメージ2-2
  3. リピート戦略イメージ2-3
  4. リピート戦略イメージ2-4

~ point ~

いくつものリピート戦略を同時にコントロールしながら、常に値動きが発生する水準でリピート戦略を実行していくのは、 システムで発注を管理するシストレだからこそ実現できる発注メソッドです。ループイフダンを使えば、トレードに慣れていない初心者でも 経験豊富なヘビーユーザーでも、誰でも同じ様に利益の積み上げを狙ったトレードを実感できるでしょう。

ループ・イフダンの設定について

弟くん

ふむふむ。じゃあ、自分で設定するのは、注文同士の間隔ってこと?

お兄さん

そうだ。それを「ループ幅」と呼んでる。
ループ幅は同時に利益を確定する“利食いの幅”にもなっているんだ。

弟くん

へ~。そうすると利益を確定させたらすぐに次のポジションで新たな利益を狙うのか。
設定するのはループ幅だけ?

お兄さん

まだあるぞ。さっきの図だと、注文が “買い” → “売り” になっているだろ。
これは「Bシステム」といって、買いのポジションで利益を出していくループ・イフダンなんだ。

弟くん

そうすると“売り”のループイフダンもあるんだね。

お兄さん

売りのループイフダンは「Sシステム」だね。どちらかを選ぶんだ。
Bシステムは値段が上がっていく値動きで利益を確定していくし、Sシステムは値段が下がっていく値動きで利益を出していく。

弟くん

う~ん・・・どういう時に、どちらを選べばいいの?

お兄さん

そうだな、それは実際にループ・イフダンを設定する時に説明しようか。

弟くん

まずは流れを把握しないとだね!
設定は簡単にできるのかな?ちょっと不安だよ。

お兄さん

実際にループ・イフダンを設定する画面では、「売り買い(BまたはS)」、「ループ幅」、「取引する銘柄名(通貨ペアや株価指数)」があらかじめセットされた自動売買のシステムをまずは選択するんだ。

例)「ループ・イフダン B 15 USD/JPY」 = 「買 ループ幅15 通貨ペア:日本円/米ドル」 B = BUY(買) S = SELL(売) 例)「ループ・イフダン B 15 USD/JPY」 = 「買 ループ幅15 通貨ペア:日本円/米ドル」 B = BUY(買) S = SELL(売)
弟くん

うん、なるほど。選ぶだけだと簡単にできそうだね。
他にも設定することはあるの?

お兄さん

あとは「取引数量」と「最大ポジション数」だな。
「取引数量」はなるべく「1」のまま使った方がいい。
「最大ポジション数」は言い換えると ループ・イフダンが一定間隔で並べる注文の数のことだな。

弟くん

そうすると、最大ポジション数を大きくすれば必要な資金も増えるのか。
僕はあまり資金がないから少なくした方がいいね。

お兄さん

いや、それは大きな間違いだ。
これを見てくれ。

値動きの範囲

値動きの範囲
お兄さん

わかるか?つまり「ループ幅」×「最大ポジション数」は、ループ・イフダンの自動注文がカバーする値動きの範囲(値幅)になるってことだな。

弟くん

ちょっと何を言ってるかわからない・・・

お兄さん

ループ・イフダンは、値動きを予想できなくても”揺れ”から利益を狙うリピート戦略を使ってるだろ?

弟くん

そうだった。値段が揺れ続ける限り何回もトレードチャンスを狙っていく手法だよね。

お兄さん

さっきのループ・イフダンが値動きをカバーする範囲(値幅)っていうのは、この範囲内で値段が動いている限り、”揺れ”続ける値動きから利益を狙えるってことなんだ。

弟くん

だとすると、その範囲はなるべく広くしておきたいね。

お兄さん

そうだろ?
だから「最大ポジション数」をただ減らしてしまうと・・・

「最大ポジション数」を
減らすと起きること

最大ポジション数を減らすと起きること
弟くん

あー!自動注文がカバーする範囲が狭くなってしまうのか?!

お兄さん

その通り。わかってきたな。
「ループ幅」×「最大ポジション数」をなるべく広く設定するのが、まずはループ・イフダンで成功する第一歩だ!

ループ・イフダンの必要資金

弟くん

なるほどね。わかってきたぞ。
そしたら、用意できる資金が少ない場合は「最大ポジション数」を減らすより、まずは「ループ幅」を広げた方がよさそうだね。

お兄さん

ああ、そうだ。 狭い「ループ幅」の方が小さな値段の”揺れ”でも利益を狙えるけど、保有するポジションの数も増えるから取引に使う資金が多く必要なんだ。

ループ幅と
ポジション数の関係

ループ幅とポジション数の関係 ループ幅とポジション数の関係
●ループ幅「狭い」

取引機会は多くなりますが、相場が予想に反した場合は、保有ポジション数に応じて必要証拠金や含み損が多く発生していきます。

●ループ幅「広い」

取引機会は少なくなりますが、相場が予想に反した場合でも、必要資金を抑えた運用をすることができます。

ループ幅とポジション数の関係2

~ ループ・イフダン 必要資金の目安 ~

ループ・イフダンの必要資金は、以下の①と②の合計額で決まります。

①「最大ポジション数」までポジション数を保有した際の取引証拠金額の合計額

 「最大ポジション数」×1枚あたりの取引証拠金額

② 最大数までポジションを保有した状態で発生する評価損の合計額

 (「最大ポジション数」+1 )×「最大ポジション数」÷2×「ループ幅」

  • ※ 注意
  • ・上記で計算される金額は、運用開始時点の値段(レート)や取引証拠金額で計算する必要資金額の目安です。
  • ・取引数量を2以上とした場合や複数の設定を同時に運用する場合は、それぞれに算出した必要資金額を合計してください。
  • ・レートや取引証拠金額の変動により、ループ・イフダンの運用を開始した後に必要資金額は変動します。

【ループ・イフダンの必要資金一覧表】はこちら

弟くん

ギリギリの資金で狭い値幅しかカバーできないループ・イフダンを運用しても、自動売買のメリットはあまり無いということだね。

お兄さん

そうだな。
それから、「最大ポジション数」は口座資産に応じて最大数があらかじめセットされる。変更もできるけど、なるべくその設定のまま運用を始めるのがいいかな。

ループ・イフダンの仕組み❷

お兄さん

あと損切りのことも説明しておかないとな。

弟くん

損切り?!利益を狙うリピート戦略じゃなかったの?聞いてないよ~!

お兄さん

いや、リピート戦略だからこその損切りなんだ。もう一度自動注文がカバーする範囲を見てみよう。

リピート戦略だからこその
“損切り”

リピート戦略戦略だからこその損切り
お兄さん

値動きが自動注文の範囲から外れてしまった場合、値段が一番離れているポジションを損切りする。
限られた資金でリピート戦略を続けるために新たなチャンスに備えて資金を確保するんだ。

弟くん

ウ~ン仕方ないのか。でも、なるべく損切りはイヤだな。

お兄さん

そうだな。
だから、繰り返しになるけど「ループ幅」×「最大ポジション数」をなるべく広く設定しておくことが大事なんだよ。

弟くん

わかった。肝に銘じるよ。キモキモっと。

ループ幅と
ポジション数の関係

ループ・イフダンは、運用を始める時に「取引する銘柄」、「売り買い」、「ループ幅」が決められた自動売買のシステムを選択します。

ループ幅とポジション数の関係1

※「取引数量」を増やすと値動きをカバーできる範囲が狭くなりますので、なるべく「1」のままの設定で、リスクを抑えた運用をお勧めします。

ループ幅とポジション数の関係1

※「最大ポジション数」は、お取引口座の新規注文可能額から計算される最大数があらかじめ入力されています。最大ポジション数を減らすと値動きをカバーできる範囲が狭くなりますので、こちらもなるべく既定値のままの設定で、リスクを抑えた運用をお勧めします。

弟くん

ループ・イフダンの仕組みが分かったよ。早速試してみるかな。

お兄さん

そちょっと待て。
まだループ・イフダンの価格追跡機能について話してない!

弟くん

ン?価格追跡機能?

お兄さん

ループ・イフダンが優れている所さ。
例えば、「Bシステム」つまり買いポジションで運用するループ・イフダン。一番上の保有ポジションが利益を確定できた後は何が起きると思う?

弟くん

ポジションが決済されるわけだから、そのポジションは無くなるね。

お兄さん

そうだな。だがポジションがあったところに値段が戻ってくる可能性もあるから、その位置には新たにIFDO注文が自動発注されるんだ。

ループイフダンの価格追跡機能

ループ・イフダンの価格追跡機能
弟くん

ポジションがあった位置に注文を出し直すイメージだね。

お兄さん

そうだ。利益を確定したということは、値段はいま利食い幅(=ループ幅)の分だけ高い位置にあるわけだ。
更にその位置で新たなポジションを保有しにいく。それが価格追跡機能だ。

弟くん

ポジションを増やすっていうこと?

お兄さん

最大ポジション数は決まっているから、一番遠く(図では一番下)にある注文は取り消されるそ。

弟くん

新たに到達した値段でリピート戦略を始めるのか。貪欲だね!

お兄さん

リピート戦略では狙える1回分の利益が小さい。だからこそ、チャンスは無駄にしないんだ。

弟くん

ループ・イフダンが出している注文全体が値段の動きを追いかけて動いていく感じか。
そしてあくまでも値動きをカバーできる範囲は変わらないんだね。

お兄さん

そういうこと。
ループ・イフダンの基本はだいたいこんな感じだけど、どんなトレードをするかわかってきたかな。

弟くん

うん。どうやって利益を出していくかをイメージできたよ。

お兄さん

それそれ、そこなんだ。ループ・イフダンが人気な理由。
自動売買といっても何が自動で行われるか分かりやすいから安心できるんだよな。

弟くん

うん、同感。ある程度の設定を自分で選択するのも安心できる理由かもね。
好きな時に始めて、つきっきりにならなくても長く取引できる
完全なお任せトレードじゃないのはいいかもしれないね。