貴島明日香さんのオリジナルQUOカードをプレゼント! 詳細はこちら

ループ・イフダンの必要資金

ループ・イフダンの必要資金 ループ・イフダンの必要資金

ループ・イフダンはいくらで始められる?

ループ・イフダンは、どのくらいの資金で始めることができますか?これからループ・イフダンを始めたいという方からよく頂く質問です。

ループ・イフダンは、売買システムが自動的にトレードの発注を行う自動売買で、値動きによっては複数のポジションを保有するため、いったいどのくらいの資金で利用できるのか初めて利用する方にはわかりにくいかもしれません。

考える男の人

・必要資金の内訳

ループ・イフダンの運用に必要な資金は、大きく分けると、ポジションの保有に必要な「証拠金」と運用中に発生する「未確定の損益」とに分かれます。

FX取引や株価証拠金取引等でポジションを保有するためには、取引証拠金が口座に預託されている必要があります。
ループ・イフダンでは、システムが自動的に発注を行いますので、ルールに沿って確実にポジションの保有と決済が実行される様に、運用中は全ての新規注文が成立した際に必要な取引証拠金を含めた自動売買証拠金が預託されていなければなりません。自動売買証拠金は、ループ・イフダンの運用が開始されてから停止するまでお取引口座から引き出すことはできません。

もう一つの「未確定の損益」は、評価損益とも呼ばれ、ループ・イフダンの自動売買で保有したポジションに発生する計算上の損益のことです。
一つひとつのポジションに発生する評価損益(未確定の損益)は、決済注文によって売買損益が確定されるまで相場の値動き次第で金額が増減します。
運用に必要な資金額を考えなければならない場合には、損益のうちマイナス、つまり損失となる場合に最大でどのくらいの金額になるのかをイメージする必要があります。

・評価損が最大で必要となる状況とは

ループ・イフダンの運用中に評価損の額が最大となる状況を考えてみましょう。

ループ・イフダンの設定項目の一つに「最大ポジション数」があります。これは、ループ・イフダンの運用中に、値動きによって複数のポジションを保有した場合に、最大でいくつまでポジションを保有するか決めておくものです。ループ・イフダンは、利益方向への値動きでは、ループ幅分動いた時点で利益確定の決済注文が執行され、ポジション数は減っていきます。

反対に損失方向への値動きでは、ループ・イフダンは一定間隔ごとにポジションを追加していきますので、複数のポジションを保有している場合には、最後に保有したポジションが現在値から最も値段が近いポジションとなり、段階的に異なる値段で保有しているその他のポジションにそれぞれ評価損が発生している状況となります。

最大でいくら資金が必要となるかを考える際には、保有した最大ポジション数の一つひとつに発生する評価損と取引証拠金の合計額を想定します。

例)値下がりしてポジションが追加された場合の最低必要証拠金

「ループ・イフダンB15(USD/JPY)」で60銭値下がりした場合

「ループ・イフダンB15(USD/JPY)」で60銭値下がりした場合

60pips(60銭)の変動があったので
ポジションが追加されました。

証拠金・・・23,000円(4,600円×合計ポジション数:5)
合計評価損・・・・・・・・
1,500円(0.15円+0.3円+0.45円+0.60円)×1,000通貨)
最低必要証拠金・・・・・・24,500円

ループ・イフダンの必要資金の計算方法

ループ・イフダンの必要資金は、以下の①と②の合計額です。
①証拠金=取引証拠金額×ロット数×最大ポジション数
②評価損=ループ幅×最大ポジション数×ロット数×取引単位(※)×(最大ポジション数-1)÷2

  • ※ 取引単位は、FX取引では通貨数量(1,000通貨)、くりっく株365では倍率(100倍)が入ります。

資金目安表

必要資金の目安を通貨ペア、売買ルール別に一覧表にまとめました。
イメージしている運用予定の資金額から、通貨ペア別にループ・イフダンの注文を仕掛ける注文範囲(設定レンジ)を見つけて、ループ幅を決める参考にしてください。

例)資金50万円でドル円を現在レートから10円離れた範囲にループ・イフダンを仕掛けたい。

目安資金早見表の使い方 目安資金早見表の使い方
  • ※スワップポイント、手数料、獲得利益は考慮しておりません。また、証拠金は変動します。
  • ※変動幅によっては、ロスカットリスクもございます。

目安資金早見表

  • ドル円
    ドル円国旗
  • ユーロ円
    ユーロ円国旗
  • ポンド円
    ポンド円国旗
  • 豪ドル円
    豪ドル円国旗
  • ユーロドル
    ユーロドル国旗
  • ※1ロット(=1,000通貨)での運用に必要な資金の目安です
  • ※取引証拠金は4,600円(115円時)で計算しています(取引証拠金は個人取引では日次、法人取引では週次で更新されます)
  • ※必要資金は、取引証拠金額の変更等によって変動します。早見表は取引開始時の目安資金として記載しています
  • ※自動売買が注文される範囲とは、取引開始時のレートを基準に自動的に注文が発注される値幅(レンジ)です
投資元金 ループ・イフダン設定値幅
B10 B15 B25 B50 B100
50万円 最大ポジション数 64 56 47 36 27
自動売買が
注文される範囲
6円30銭 8円25銭 11円50銭 17円50銭 26円
100万円 最大ポジション数 103 89 73 55 40
自動売買が
注文される範囲
10円20銭 13円20銭 18円 27円 39円
300万円 最大ポジション数 203 172 138 101 73
自動売買が
注文される範囲
20円20銭 25円65銭 34円25銭 50円 72円
500万円 最大ポジション数 274 229 182 132 95
自動売買が
注文される範囲
27円30銭 34円20銭 45円25銭 65円50銭 94円
800万円 最大ポジション数 357 297 235 170 122
自動売買が
注文される範囲
35円60銭 44円40銭 58円50銭 84円50銭 121円
1,000万円 最大ポジション数 404 336 265 191 137
自動売買が
注文される範囲
40円30銭 50円25銭 66円 95円 136円
2,000万円 最大ポジション数 588 487 382 274 195
自動売買が
注文される範囲
58円70銭 72円90銭 95円25銭 136円50銭 194円
3,000万円 最大ポジション数 730 603 472 337 240
自動売買が
注文される範囲
72円90銭 90円30銭 117円75銭 168円 239円
  • ※1ロット(=1,000通貨)での運用に必要な資金の目安です
  • ※取引証拠金は5,400円(135円時)で計算しています(取引証拠金は個人取引では日次、法人取引では週次で更新されます)
  • ※必要資金は、取引証拠金額の変更等によって変動します。早見表は取引開始時の目安資金として記載しています
  • ※自動売買が注文される範囲とは、取引開始時のレートを基準に自動的に注文が発注される値幅(レンジ)です
投資元金 ループ・イフダン設定値幅
B10 B40 B80 B120
50万円 最大ポジション数 60 38 29 25
自動売買が
注文される範囲
5円90銭 14円80銭 22円40銭 28円80銭
100万円 最大ポジション数 98 58 44 37
自動売買が
注文される範囲
9円70銭 22円80銭 34円40銭 43円20銭
300万円 最大ポジション数 197 110 80 66
自動売買が
注文される範囲
19円60銭 43円60銭 63円20銭 78円
500万円 最大ポジション数 267 145 105 87
自動売買が
注文される範囲
26円60銭 57円60銭 83円20銭 103円20銭
800万円 最大ポジション数 350 187 135 111
自動売買が
注文される範囲
34円90銭 74円40銭 107円20銭 132円
1,000万円 最大ポジション数 397 210 151 125
自動売買が
注文される範囲
39円60銭 83円60銭 120円 148円80銭
2,000万円 最大ポジション数 581 303 217 178
自動売買が
注文される範囲
58円 120円80銭 172円80銭 212円40銭
3,000万円 最大ポジション数 723 374 267 219
自動売買が
注文される範囲
72円20銭 149円20銭 212円80銭 261円60銭
  • ※1ロット(=1,000通貨)での運用に必要な資金の目安です
  • ※取引証拠金は6,200円(155円時)で計算しています(取引証拠金は個人取引では日次、法人取引では週次で更新されます)
  • ※必要資金は、取引証拠金額の変更等によって変動します。早見表は取引開始時の目安資金として記載しています
  • ※自動売買が注文される範囲とは、取引開始時のレートを基準に自動的に注文が発注される値幅(レンジ)です
投資元金 ループ・イフダン設定値幅
B20 B50 B100 B150
50万円 最大ポジション数 46 34 26 22
自動売買が
注文される範囲
9円 16円50銭 25円 31円50銭
100万円 最大ポジション数 74 52 39 33
自動売買が
注文される範囲<
14円60銭 25円50銭 38円 48円
300万円 最大ポジション数 145 98 71 59
自動売買が
注文される範囲
28円80銭 48円50銭 70円 87円
500万円 最大ポジション数 195 130 94 78
自動売買が
注文される範囲
38円80銭 64円50銭 93円 115円50銭
800万円 最大ポジション数 254 167 120 99
自動売買が
注文される範囲
50円60銭 83円 119円 147円
1,000万円 最大ポジション数 287 188 135 111
自動売買が
注文される範囲
57円20銭 93円50銭 134円 165円
2,000万円 最大ポジション数 417 271 194 159
自動売買が
注文される範囲
83円20銭 135円 193円 237円
3,000万円 最大ポジション数 518 334 239 196
自動売買が
注文される範囲
103円40銭 166円50銭 238円 292円50銭
  • ※1ロット(=1,000通貨)での運用に必要な資金の目安です
  • ※取引証拠金は3,600円(90円時)で計算しています(取引証拠金は個人取引では日次、法人取引では週次で更新されます)
  • ※必要資金は、取引証拠金額の変更等によって変動します。早見表は取引開始時の目安資金として記載しています
  • ※自動売買が注文される範囲とは、取引開始時のレートを基準に自動的に注文が発注される値幅(レンジ)です
  
投資元金 ループ・イフダン設定値幅
B10 B20 B40 B80
50万円 最大ポジション数 70 55 42 31
自動売買が
注文される範囲
6円90銭 10円80銭 16円40銭 24円
100万円 最大ポジション数 110 84 62 46
自動売買が
注文される範囲
10円90銭 16円60銭 24円40銭 36円
300万円 最大ポジション数 212 156 114 82
自動売買が
注文される範囲
21円10銭 31円 45円20銭 64円80銭
500万円 最大ポジション数 281 206 149 107
自動売買が
注文される範囲
28円 41円 59円20銭 84円80銭
800万円 最大ポジション数 366 265 191 137
自動売買が
注文される範囲
36円50銭 52円80銭 76円 108円80銭
1,000万円 最大ポジション数 413 299 215 154
自動売買が
注文される範囲
41円20銭 59円60銭 85円60銭 122円40銭
2,000万円 最大ポジション数 597 430 307 219
自動売買が
注文される範囲
59円60銭 85円80銭 122円40銭 174円40銭
3,000万円 最大ポジション数 739 530 378 269
自動売買が
注文される範囲
73円80銭 105円80銭 150円80銭 214円40銭
  • ※1ロット(=1,000通貨)での運用に必要な資金の目安です
  • ※取引証拠金は5,750円(ユーロドル:1.25、ドル円:115円換算時)で計算しています(取引証拠金は個人取引では日次、法人取引では週次で更新されます)
  • ※必要資金は、取引証拠金額の変更等によって変動します。早見表は取引開始時の目安資金として記載しています
  • ※自動売買が注文される範囲とは、取引開始時のレートを基準に自動的に注文が発注される値幅(レンジ)です
投資元金 ループ・イフダン設定値幅
B10 B20 B40 B60
50万円 最大ポジション数 58 45 36 31
自動売買が
注文される範囲
0.057 0.088 0.14 0.18
100万円 最大ポジション数 95 71 55 46
自動売買が
注文される範囲
0.094 0.14 0.216 0.27
300万円 最大ポジション数 194 138 102 85
自動売買が
注文される範囲
0.193 0.274 0.404 0.504
500万円 最大ポジション数 264 185 135 112
自動売買が
注文される範囲
0.263 0.368 0.536 0.666
800万円 最大ポジション数 347 240 174 144
自動売買が
注文される範囲
0.346 0.478 0.692 0.858
1,000万円 最大ポジション数 393 271 196 162
自動売買が
注文される範囲
0.392 0.54 0.78 0.966
2,000万円 最大ポジション数 578 393 283 233
自動売買が
注文される範囲
0.577 0.784 1.128 1.392
3,000万円 最大ポジション数 719 486 349 287
自動売買が
注文される範囲
0.718 0.97 1.392 1.716

各国通貨の歴史的な値幅(高低差)

各国の通貨は、貿易や金融取引等の資金決済手段としての機能があることから、特に流動性の高い主要国同士の通貨ペアは一定の価格範囲(レンジ)での推移が多いことが知られています。

1999年-2020年 ドル/円
ドル円国旗
ユーロ/円
ユーロ円国旗
ポンド/円
ポンド円国旗
豪ドル/円
豪ドル円国旗
ユーロ/ドル
ユーロドル国旗
高値
(高値到達日)
131円15銭
(2002年1月)
171円09銭
(2008年7月)
250円66銭
(2007年7月)
107円76銭
(2007年10月)
1.6039ドル
(2008年7月)
安値
(安値到達日)
75円55銭
(2011年10月)
88円80銭
(2000年10月)
116円88銭
(2011年9月)
55円23銭
(2000年10月)
0.8228ドル
(2000年10月)
値幅 5,960pips
(59円60銭)
8,229pips
(82円29銭)
13,378pips
(133円78銭)
5,253pips
(52円53銭)
7,811pips
(0.7811ドル)
  • ※Bidレートで算出しています

・最大値幅でループ・イフダンを運用できれば・・・

ループ・イフダンは注文範囲(自動売買が注文される範囲)の内側で価格が推移していれば、保有ポジションに対する決済注文は、原則として、すべて利益の確定(利食い)となります。
注文範囲を損失方向に超える値動きでは損切りが発生しますので、できるだけ損切りが発生しない注文範囲でループ・イフダンを運用することが大切です。

特に国際通貨(日本円や米ドル、欧ユーロ、英ポンド)は、各国の中央銀行により物価の安定が図られていることから、経済状況や政治システム等に大きな変更が生じない限り、一定の価値を維持して安定的な値動きであることが知られています。そのため、上記の歴史的な最大値幅の範囲内で長く推移すると予想され、ループ・イフダンの注文範囲をその値幅をカバーできる範囲に設定できれば、取引チャンスを最大限に確保しながら安定的な運用を期待することができるでしょう。
ただし、通貨が過去の変動範囲を超える可能性は常にゼロではありません。常に定期的な運用状況の確認は必要と言えるでしょう。

ループ・イフダンの目安資金早見表で必要資金を見比べてみると、注文範囲の広さと、その範囲内に配置される一つひとつの注文の間隔(ループ幅)の広さによって資金額が変化することがお分かりいただけると思います。
ループ幅が狭ければ、小さな値動きも取引チャンスにできるため取引機会が広がりますが、ポジションを保有する頻度が高くなるため取引中のリスクも増加します。

また、注文範囲を広くすれば、より安定的にループ・イフダンを運用することができますが、より多くの資金が必要となります。

注文範囲を狭くして少ない資金でループ幅も狭い設定でループ・イフダンを運用しようとすると、損切りが発生するまでの値幅が近い注文範囲に多くのポジションを保有してリスクの高い運用となってしまいます。

ループ・イフダンの設定では、注文範囲を広く確保することを優先して、用意できる資金額からループ幅を選択し、より安定的な運用ができる様に設定することが大切です。